{page_css} {page_js}
HR戦略総合セミナー2011 Part2 開催報告レポート | HRプロ
  • HOME>
  • HR戦略総合セミナー2011 Part2 開催報告レポート

通算17回目となるHRプロ主催合同セミナー 主催:HRプロ HR戦略総合セミナー2011 Part2 日程・会場 2011年7月27日(水)11:20〜17:40 28日(木)10:00〜17:40

[メディアパートナー]
人材教育
WEB労政時報
労務事情
企業と人材
人事実務
人事マネジメント

開催報告レポート

ProFuture株式会社(本社:東京都千代田区丸の内 代表者:寺澤康介)は、人事担当者・経営者のためのイベ ント『HR戦略総合セミナー2011 Part2』を、7月27日(水)・28日(木)に東京・渋谷クロスタワーで開催いたしま した。東日本大震災の影響で前年までと大きくスケジュールが変更となりました2012年新卒採用の総括を はじめ、今回も“激変する時代に負けない組織、採用、人材育成のフロンティア”と銘打ち、「採用」「教育」 「労務」「人事」の各領域の専門家による特別講演・テーマ別セミナーが繰り広げられ、2日間の合計で400名 以上の人事担当者の方々、30大学以上の大学関係者の方々にご参加いただき、盛況のうちに無事に全日程 を終了することができました。ご参加いただきました多数の人事担当者・大学関係者の方々、講演者の方々に、 厚く御礼申し上げます。

セミナー概要

日時
2011年7月 27日(水) 12:40〜17:45
28日(木) 10:00〜17:40
参加対象 企業の人事、採用、教育研修、労務担当者、経営者様
会場
アクセス渋谷フォーラム
東京都渋谷区渋谷2丁目15-1 渋谷クロスタワー24階
交通 渋谷駅より徒歩3〜5分
JR各線/東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線
東急東横線、田園都市線/京王井の頭線「渋谷」駅
料金 無料(事前予約制) 『HRプロ』への会員登録(無料)が必要です。
主催 ProFuture株式会社
メディアパートナー 日本能率協会マネジメントセンター・労務行政研究所・産労総合研究所・
ビジネスパブリッシング

特別講演

若手が「3年で一人前になる」会社の条件とは何か
レポートを見る
ダイヤモンド社
人材開発編集部 副部長 間杉 俊彦氏
【講演概要】
厳しい経済環境の中、企業は若手育成の余裕をなかなか持てないでいます。しかし、一方では「グローバル人材」を求めるニーズが急速に高まるなど、採用と育成について、私たちは従来の考え方を少しあらためる必要があるかもしれません。本講演では、週刊ダイヤモンドで「課長の作法」を連載する間杉(ダイヤモンド社人材開発編集部副部長)が、連載のために実施した人事担当者へのアンケート調査の結果を元に、「若手が育つ会社」を紹介し、これからの育成のヒントを提供します。アンケート結果と、育て上手な企業への取材結果、さらにはマネジャーの役割・機能に関する金井壽宏・神戸大学大学院教授、松尾睦・神戸大学大学院教授、中原淳・東京大学総合教育研究センター准教授との対話を通して得た知見もベースに、お話をさせていただきます。
いかにして社会人基礎力を企業と大学が共有するか
レポートを見る
法政大学大学院
政策創造研究科 教授 諏訪 康雄氏
【講演概要】
指示待ち人間でなく「前に踏み出す力」をつけ、マニュアル人間とならずに「考え抜く力」を養い、一匹オオカミでなく「チームで働く力」を高める。経済産業省の提言した「社会人基礎力」である。これが教育と採用の現場をつなぐ共通概念として浸透してきた。ごく当たり前のことだ。だが、社会人基礎力に欠ける若者が目立つ。学校時代に知力と体力の育成に終始すると、社会に出てから必要とされる社会関係を築き、発展させていく力(social skills)が十分に発達しない。そこで、就職・採用や若手育成の場面ではどんなところに着目すべきか。そもそも学生はどうしたらよいのか。一緒に考えてみたい。
ここでしか聞けない!初めて発表する豊富なデータ!
最新2012年度新卒採用総括&2013年度新卒採用完全予測
レポートを見る
ProFuture株式会社
代表取締役 寺澤 康介
【講演概要】
●4〜7月動向を踏まえた最新2012年度新卒採用総括
●劇的に変化する2013年度新卒採用を完全予測
●短期化・集中化のなかで為すべき採用戦略の大転換
●一般の就職情報会社から得られない情報ばかり
●大学就職部・キャリアセンターにもアンケート実施

懇親会

7月28日には、特別講演の講師をつとめていただきました法政大学大学院の 諏訪康雄教授をはじめ、20大学以上のキャリアセンター・就職部の担当者様、 50社以上の採用担当者様にご参加いただき、当初の予定時間を大きく超過 するほど、活発な名刺交換、情報交換が行われました。

懇親会イメージ