人事のためのトレーニングプログラム「英語de人事)」集中講座

7/11(金)・12(土) 10:00〜17:00[2日間コース]

ブライアン シャーマン氏

ブライアン シャーマン氏プロフィール 米国ニューヨーク市にて、日系企業を対象に人事コンサルティング業務に従事。米国住商情報システムズ株式会社人事総務部長。来日後、株式会社ファーストリテイリング入社。グローバル人事戦略業務に参画。国内外で企業を内と外の視点から見てきた経験をもとに、日本企業の抱えるグローバル人事課題の解決にあたる。2010年グラマシーエンゲージメントグループ株式会社を設立。グローバルという大海原に人材を送り出す日本企業の水先案内人として、人材育成、コンサルティングを提供する。
・米国Williams College卒業、同志社大学AKP留学
・Senior Professional Human Resources (SPHR), Society of Human Resources
・早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員
[主な受講対象者]
  • 人事部所属の方や海外事業本部関連のスタッフ及び、基礎的な人事コンセプトについて勉強したいと考えている他部門の方
  • 基本的な英語理解力を有し人事管理における英語力を向上させたいという強い意志がある方
[本講座のメリット]
  • グローバル人事知識の獲得
  • 事業のグローバル展開と密接に関わる人事の役割の理解
  • 海外で必要な英語の主要な言い回しと人事コンセプトの習得
  • 人事コンセプトと課題の議論を通じての英語コミュニケーション力向上
[本講座で学べる内容]
  • グローバル人事としての役割

    人事部の役割とは? 企業から必要とされる人事部とは? この講座では、人事部がなぜ存在するかという根源的な問題から、グローバルで活躍する人事にとってこれから必要となる知識やスキルを幅広く言及します。
  • タレントマネジメントの理解と手法

    従業員は企業にとってもっとも重要な資産です。企業存続のために従業員は時代に合ったコンピテンシーを身に付けなければなりません。この課題に対し人事部がとるべき対処策について事例を交え解説していきます。
  • 従業員の業績管理手法

    企業の製品やサービスは従業員によって生まれ、その従業員の日々の仕事と企業ミッションとが重なり合っていなければ、企業も人も成長することはありません人事部として従業員の動機付けをどのように行い、いかに支援、評価していくか、そのポイントを探ります。
  • 報酬と福利厚生のあり方

    従業員の「自己成長」や「やる気」だけではモチベーションの維持はできません。従業員のニーズやビジネス状況に合った報酬体系や福利厚生を提供し、従業員のモチベーションやパフォーマンス向上に結びつける仕組みについて学びます。
  • 従業員とのコミュニケーション戦略

    素晴らしい事業戦略やビジネスミッションがあっても、時に従業員と会社のニーズとが一致しない局面があります。いかに社内コミュニケーションを活性化させるか。社員との絆や一体感を軸にしたコミュニケーションについて考えます。
  • コンプライアンスとリスク管理

    グローバルビジネスに取り組む上で、国内外の法律や国際法を把握し、戦略的に活用していくことは大切なことです。ビジネスで生じる様々なリスクから企業を守るため、必要な法的義務と責任を確認し、適切なリスクマネジメントを実践していくためのポイントを学びます。

[料金] 80,000円(税別/昼食・テキスト付)

詳細・お申し込みはこちら

MENU