フリーランス新法の内容及び実務への影響【弁護士・元監督官監修】

掲載日:2023/10/24

資料種別: お役立ち
容量: 672KB(PDF形式)
提供会社: Labor Field株式会社
資料ダウンロード

解決できる課題・この資料をおすすめしたい企業

組織を活性化したい

フリーランス新法への対応を適切に行うことにより、フリーランスとの契約上のトラブルを予防し、組織保護を図ります。

人事労務の管理コストを低減したい

フリーランスとの取引をめぐる法的課題へのアクセスを容易にし、リスク分析や管理に役立ちます。

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

この資料のポイント!

フリーランス新法が成立したことを受け(2024年秋頃までに施行予定)、その内容と、フリーランスに業務委託する際の実務上の留意点を整理しました(弁護士及び元労働基準監督官監修済)。今後におけるフリーランスとの委託契約の締結及び管理の参考としていただけますと幸いです。

「LABOR FiELD」では、弁護士・元労働基準監督官が監修した、労働法務に関する知見サービスを提供しています。

本資料は、上記サービスで掲載している記事で、フリーランス新法の成立を受けて、フリーランスに業務委託する際にどのように実務に影響するかを整理したものとなります。概要は以下のとおりですが、資料はフルテキストで解説しています。

*****
Q:当社は注文者(委託者)としてフリーランスに対して業務を委託しているが、フリーランス新法により、いかなる影響が生じるのかを教えてほしい

A:フリーランス新法は、注文者(委託者)である「(特定)業務委託事業者」といわゆるフリーランスである「特定受託事業者」との間における「業務委託」に係る取引に適用されます。そのため、貴社としてまずは当該フリーランスが「特定受託事業者」に該当するか、取引が「業務委託」に該当するかどうかを確認する必要があります。その上で、本法が適用される場合、フリーランスに業務を委託するにあたって、①取引の適正化(書面等による取引条件の明示、法定期日以内の支払い、禁止行為)を図るとともに、②フリーランスの就業環境の整備(募集情報の的確な表示、ハラスメント対策に係る体制整備、育児介護等と業務の両立配慮、中途解除等の事前予告及び理由の開示)を行う必要があります。
*****

会社情報

社名 Labor Field株式会社
住所 東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3階
代表者 代表取締役 西脇 巧
資本金
売上高
従業員数
資料ダウンロード

この資料ダウンロードが属するジャンル


  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー