長時間労働や時間外労働が社会問題とされている一方で
生産性の低下を指摘する声もあり、時短を目的とした残業廃止といった施策は、
本質的な労働環境の改善とは言えなくなってきています。

そこで求められているのは、従業員一人ひとりの「生産性の向上」です。
生産性を向上するためにはもちろん業務の効率化が欠かせませんが、
そこには従業員個々の生産性向上も必要です。

健康経営は、企業が従業員の健康に配慮することで、従業員が本来の能力を発揮し、
生産性の向上や職場環境の改善に繋がる経営戦略の一環と考えられています。

「なんとなく健康経営は知っているが、何をしたらいいのかわからない」
「自社ではどのような施策が効果的なのか判断ができない」
「他社での実践施策を導入したが従業員に施策が浸透しない」
というお声をよく耳にします。

本資料では、働き方改革の大きなテーマである「健康経営」の基本的な考え方から、
「健康経営」の推進体制づくり、健康経営の実践する上での重要なポイント、
健康経営優良法人の認定基準に基づいた具体的な取り組みもあわせて紹介しています。

解決できる課題

社員のエンゲージメントを高めたい

組織を活性化したい

社員の健康を改善したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 ヘルスケアトータルソリューションズ株式会社
住所 〒173-0005
東京都板橋区板橋1-6-5 ヒルサイドビル2F
代表者 高野賢裕
資本金 9,950万円
売上高 非公開
従業員数 20名