テレワークを導入した企業において、約半数の管理職が部下への指示出しや進捗把握に課題を感じているという調査結果が出ています 。オフィスでは、上司が部下の様子や行動を直に見て指示やフォローができていましたが、自宅などのオフィス外では部下の実態が見えづらく、新たなマネジメント課題が叫ばれています。 テレワークは、柔軟な働き方で生産性を高めるメリットがありますが、バラバラの場所で仕事をすることで個に閉じやすい傾向があるため注意が必要です。 本記事では、ニューノーマル時代における管理職の役割やマネジメントのポイントを解説します。

【目次】
1.テレワーク環境におけるマネジメントの実態
2.テレワークで求められるマネジメント層の役割
3.テレワークマネジメントを成功に導く5つのポイント

解決できる課題

人事管理システムを導入・改善したい

タレントマネジメントシステムを導入・改善したい

テレワークを増進したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 スマカン株式会社(英文: SmartCompany Co.,Ltd.)
住所 〒140-0013
東京都品川区南大井6-26-2 大森ベルポートB館8F
代表者 代表取締役社長 唐沢 雄三郎
資本金 5,000万円
売上高
従業員数 351名(グループ従業員数:505名)