デジタル人材をターゲットに採用ブランディングを確立し、
経営層を巻き込んだ未来設計図を基に採用計画を立てることが大切。
〜ソフトバンク足立氏×クリーク・アンド・リバー社渡辺 対談(後編)

【この記事から得られること】
●デジタル人材採用を成功させるために、
人事採用チームおよび会社が注力すべき点、取り組むべき具体策が分かる

【資料内容】
・デジタル人材をターゲットとした採用ブランディングを確立し、ファン層を拡大することが先決。
・企業が成長を続ける限り、人材採用の充足はあり得ない。経営層とともに未来設計図を描きつつ、デジタル人材採用することが大切。

解決できる課題

採用戦略を見直したい

技術系採用を強化したい

採用ブランディングを行いたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
住所 本社
〒105-0004
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
代表者 代表取締役社長 井川 幸広
資本金 117,719万円
売上高 37,314百万円(2020年)
従業員数 872 人