健康経営に取り組む日の丸交通でメタボ社員向けに 「3%ダイエットチャレンジ」がスタート
資料種別: お役立ち
ジャンル: [福利厚生・安全衛生]その他福利厚生・安全衛生
容量: 2.4MB(PDF形式)
提供: 株式会社タニタヘルスリンク

<概要>
少子高齢化が労働環境に大きな影響を与えるようになった今、
労働人口の減少に伴う労働力の確保は、企業にとって大きな課題となっています。

このような中、従業員の健康を重要な経営資源とする
「健康経営」が注目され、働き方改革でも生産性の向上と共に
従業員の健康管理が最重要課題のひとつとなっています。

健康づくり推進は「コスト」との考えを改め、「将来への投資」として
前向きに捉える企業は今後もますます増えていくことが予想されます。

今回は、そんな「健康経営」に積極的に取り組むタクシー業界大手、日の丸交通株式会社に取材を行い、

企業や自治体の健康づくりを支援するタニタヘルスリンク「タニタ健康プログラム」導入へのきっかけ、
「健康経営」に取り組むことで得られた成果やメリットをお伺いしました。

従業員の健康管理を課題に掲げる
経営者・人事の方々にとって大変参考になる情報をお届けします。

<注目トピックス>
●「従業員に長く働いてもらいたい」健康経営の実現に乗り出した思い
●経営層が率先して取り組むことが「健康経営」成功の秘訣
●日の丸交通社が実践した取り組み「3%ダイエットチャレンジ」の全容
●「健康経営」実現に向け、人事が実践した取り組みとは
●「タニタ健康プログラム」がコロナ禍に適していると言える理由

インタビューの詳細については、下記よりダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

社員のエンゲージメントを高めたい

ワークライフバランスを推進したい

社員のメンタルヘルスを強化したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社タニタヘルスリンク
住所 東京都 文京区 後楽1-4-14 後楽森ビル8F
代表者 代表取締役 土志田 敬祐
資本金 38億7191万6672円
売上高 非公開
従業員数 113名 (2021年3月31日現在)

株式会社タニタヘルスリンクのサービス