【概要】
今や、仕事を取り巻く環境はCovid-19の出現によって以前とは様変わりしました。ビジネスにおいては、パンデミック(世界的大流行)の影響で、あらゆる企業が従業員のリモートワークやフレキシブルな働き方に対応し、ビジネスのあり方を見直す必要に迫られています。
このような状況の中、ハイブリッドな働き方を前提とした職場への転換という、前例のない変化がはじまっています。あらゆる業界の企業が、この新しい時代の未知の領域を乗り切り、 変化を機会としてどのように活用するかを模索しているところです。
Attunedの心理学者であるメリッサ・タラントラ博士による、最新のホワイトペーパー「心理的安全性を高める“アフターコロナ”の職場づくり」では、企業が心理的安全性と内発的動機づけを職場文化に組み込む方法を調査し、今日から始められるシンプルで効果的な戦略を紹介しています。

【このような課題をお持ちの方におすすめ】
リモートワークを効果的に取り入れながらハイブリッドな働き方の再構築を目指している CxO、事業部長、マネージャー、事業部人事、人事・総務の方
・社員のウェルビーイング向上に関する視座を獲得したい
・心理的安全性や内発的動機を企業文化として取り込むための視野を得たい
・チームや組織に対するエンゲージメントを向上させ、離職率を低下させたい
・モチベーションの低下を防ぎ、生産性を向上させたい

【目次】
・はじめに
・変化する環境の特徴不確実性
・心理的安全性による障壁の低減
・内発的動機づけによるモチベーションの向上
・新しい仕事環境の創造と調整における 心理的安全性と内発的動機づけの役割
・新技術の採用と学習における 心理的安全性と内発的動機づけの役割
・心理的安全性と内発的モチベーションを高めるための戦略
・心理的安全性と内発的モチベーションを支える 共感エクササイズ
・結論

【タラントラ・メリッサ博士について】
心理学(博士)。現在、Attuned R&Dチームに所属。ミズーリ州立大学コロンビア校にて医療心理学の Ph.D を取得後、複数のベンチャー企業で心理的アプローチによるモチベーション、アディクション研究に取り組んでいる。米国心理学会員。 東京インターナショナルスクールで日本語を学んだ経験もある。

解決できる課題

社員のエンゲージメントを高めたい

優秀な人材の維持はハイブリッドワークの成功に不可欠です。そのために必要な心理的安全性と内発的動機づけを文化に組み込む戦略をご紹介しています。

自社の生産性を高めたい

心理的安全性と内発的動機を活用することにより、社員の積極的な企業のための行動(DPB)を促す戦略をご紹介しています。

従業員満足度(ES)を高めたい

自律性、有能性、関係性という3つの心理的欲求を満たすことによって社員のウェルビーイングを高める戦略をご紹介しています。

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 Attuned -EQIQ株式会社
住所 東京都渋谷区神宮前2-26-8 神宮前グリーンビル4階
代表者 ケイシー・ウォール
資本金 2000万円
売上高 非公開
従業員数 非公開