デジタル人材育成の第一歩!ITパスポート試験の難易度と合格率/受験に必要な知識・勉強時間まで徹底解説!

掲載日:2022/06/27

資料種別: お役立ち
容量: 1.8MB(PDF形式)
提供会社: 株式会社ユーキャン
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

デジタル人材とは、DXの推進を担う多様な人材の総称です。 エンジニアやデータサイエンティストだけがデジタル人材ではありません。 DX推進に必要なスキルには、データサイエンスやエンジニアリングといった技術系スキルと、ビジネス系の「ビジネス・サービス設計」「組織・プロジェクト管理」のスキルがあります。

本資料では、デジタルリテラシー向上のはじめの一歩として「ITパスポート」について解説いたします。

ITパスポートとは、ITに関する基礎的知識を証明する、経済産業省認定の国家資格です。

パソコンやインターネットを使うのが当たり前の時代。
技術者だけではなく幅広い層に正しい知識が必要であることから、2009年4月に新設されました。
Iパスとも呼ばれ、受験者数は年間で8万人を超える(2021年現在)人気資格です。

ITに関する基礎知識があることを証明したい場合には、ITパスポートがおすすめです。
このコラムでは、ITパスポート試験の難易度・合格率・必要な知識・勉強時間などを解説します。
ぜひ参考にしてください。

【こんな方にオススメの資料です】
・ITリテラシーを身につけさせたい。
・身近な業務に関する法律や権利、経営戦略について学ばせたい。
…など。


【目次】
1.ITパスポート試験とは
2.試験の難易度
3.試験に必要な知識
4.必要な勉強時間
5.試験のための勉強法
6.受験する際の注意点
7.試験の概要
8.まとめ

ぜひ参考にしてみてください。
興味のある方は下記よりダウンロードしてください!

会社情報

社名 株式会社ユーキャン
住所 東京都渋谷区代々木1-11-1
代表者 品川 泰一
資本金 9,000万円
売上高 345億円
従業員数 630人
資料ダウンロード