【大同特殊鋼株式会社導入事例】 語学研修の成果が一元管理でき、運用の効率化を実現できた理由とは

掲載日:2022/06/07

資料種別: 事例紹介
容量: 788KB(PDF形式)
提供会社: 株式会社プロゴス
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

大同特殊鋼株式会社は世界最大級の特殊鋼専業メーカーとして自動車、航空機、産業機械、エネルギーなど各産業のモノづくりの基盤を支えています 。

世界各国に海外ネットワークをもち、毎年海外トレーニーに派遣し、現地法人やお客様の海外拠点に派遣され、
1年間業務体験型研修を実施。これまでは渡航までの1年間準備期間は属人的になっており、成果においてもばらつきがでていた状態からいかに変革を加えていったのかを大同特殊鋼株式会社 人事部 人材開発センター人材育成室
係員 鷺坂 弘幸様にお話を伺いました。

本資料では、大同特殊鋼株式会社の「英語学習において課題だったこと」や「スマートメソッド(R)コース」を導入いただいた経緯や解決できたことについてご紹介いたします。
続きは、下記よりダウンロードしてください!

【このような方にオススメの資料です】
・海外 トレーニー前の語学研修の提供が属人的
・研修の効果測定が不明確であり、成果指標が定められていない
・従業員の「英語力不足」に課題を感じている。
…など。

【資料細目】
1.大同特殊鋼株式会社の事業内容と英語の必要性について。
2.英語学習において課題だったこと。
3. 「スマートメソッド(R)コース」を導入いただいたのはなぜか
4. 「スマートメソッド(R)コース」を導入した感想
5.今後、社員の英語教育に関してどのような展開をしたいか

会社情報

社名 株式会社プロゴス
住所 〒150-0001東京都渋谷区神宮前六丁目27番8号 京セラ原宿ビル2階
代表者 代表取締役社長 松岡 俊樹 
資本金 1億円(資本準備金含む)
売上高 -
従業員数 50
資料ダウンロード