今年4月の法改正により、70歳までの就業機会確保の努力義務が企業に課され注目を集めました。
とはいえ努力義務であり、また既に雇用義務がある60〜65歳の層についてさえ、戦力として位置づけパフォーマンスを引き出すための
活用がまだできていない企業においては、先々の課題として棚上げしているところがほとんどです。

実は、この60〜65歳代の高齢者を取り巻く直近の法改正の方が実務上重要な影響があり、
今後5〜10年のシニア層の雇用環境を大きく変えると考えられます。

本コラムでは2つの法改正と社会情勢を含む3つの外務環境の変化について解説します。


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

INDEX:
■シニア雇用に関わる3つの外部環境の変化
■よりシニア層が活躍するための仕組み作りを

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

詳細は本資料をダウンロードの上、ご覧ください。

解決できる課題

評価制度を見直したい

賃金・賞与制度を見直したい

高齢者活用を推進したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 アクタスHRコンサルティング株式会社
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-12赤坂ノアビル
代表者 松澤 隆志
資本金 1,000万円
売上高 非公開
従業員数 10名