[テーマ別研修]語学研修

【マネーフォワード様導入事例】英語で「伝えたいことを伝えられない」課題の解決方法とは?



■事業内容について教えてください。
法人向けの会計サービスを展開しているマネーフォワードBusiness や、マネーフォワードHomeという個人向けの家計簿アプリを中心とした事業があります。その他にも金融機関とのコラボレーションを担当しているマネーフォワードX や、法人向けに金融サービスを提供しているマネーフォワードFinanceの計4つの事業を展開しています。

■PROGRIT(プログリット)を利用しようと思った背景を教えてください。
社長室で新規事業の開発を行っていたとき、ベトナムのハノイでベトナム人のエンジニアチームと共に取り組んでいました。その時のコミュニケーションが英語だったので、英語の必要性を感じたことがきっか
けです。当時の英語力は低く、画面を見ながらプロダクトのフィードバックを単語レベルで伝えるのはなんとかできたのですが、フリートークでのコミュニケーションが全くできませんでした。ベトナムに行くのも英語に関する準備はほとんどできなかったので、「伝えたいことを伝えられない」というのが一番大きな課題でした。

その他ご質問
■PROGRIT(プログリット)を実際受講されていかがでしたか?
■PROGRITを受講されてで特に印象に残っていることはありますか?
■今後の英語の活用についてお伺いできますでしょうか。
…など

興味のある方は下記よりダウンロードください!
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

グローバル人材育成を強化したい

語学教育を強化したい

社員間のコミュニケーションを向上させたい

会社情報

社名 株式会社プログリット
住所 〒100-0006  東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館ビル 5階
代表者 岡田 祥吾
資本金 9,891万円
売上高 非公開
従業員数 147名