[適性検査・ アセスメント]従業員満足度調査

【調査レポート】800名の人事担当者に聞く「従業員意識調査の実施状況と課題」(2020年6月実施)



株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR、日能総研、代表取締役社長:譲原正昭)では、多様化する従業員意識調査のあり方や有効活用のポイントを探るため、「従業員意識調査の実施状況と課題」をテーマとするインターネット調査を実施いたしました。調査概要、調査内容は下記の通りです。

【調査概要】
調査名:従業員意識調査の実施状況と課題
調査時期:2020年6月23日〜6月26日
調査対象:全国の従業員数100人以上の会社に勤務する人事・総務担当者のうち、課長補佐以上の役職者
調査方法:インターネット調査
回答数:800名

【主な調査項目】
実施率・テーマ、実施頻度、結果のフィードバック先、活用状況、
改善のアクションを促進するための工夫や取り組み、調査実施上の懸念や課題意識
意識調査と他のデータの組み合わせ分析の実施状況

今後の意識調査の企画や施策浸透、データ活用の検討などにぜひお役立てください。

※本報告書は、2021年1月14日弊社開催の自主調査結果報告会にて発表させていただいた内容と同一のものとなります。
※同業の方のお申込はご遠慮いただいておりますので何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

自社の組織の特徴を診断したい

自社の人事ビッグデータを解析したい

会社情報

社名 株式会社 日本能率協会総合研究所
住所 〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル5階
代表者 代表取締役社長 譲原 正昭
資本金 1億5,000万円
売上高
従業員数