【日本とインドのコミュニケーションの違いは?】異文化理解フレームワーク「カルチャーマップ インド編」

掲載日:2024/06/12 ※最終更新日:2024/07/09

資料種別: 調査データ
容量: 2.8MB(PDF形式)
提供会社: インサイトアカデミー株式会社
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

この資料のポイント!

グローバル環境で成果をあげていくためには、異⽂化を理解するための指標を持ち、その背景や要因を紐解いて柔軟に対応していく⼒を⾝につけておく必要があります。

この度“インド”をピックアップし、8つの指標を説明するとともに、日本との違いを定量 / 定性の両面から分析し、インドビジネスのプロフェッショナルによる8つの指標毎の考察を盛り込んでおります。

日本との違いをより詳しく学ぶことで、どのような行動をとればよいのかのヒントが見つかるはずですので、インドでビジネス展開をされている企業様はもちろん、仕事上でインドの方とコミュニケーションをとる方など、インドビジネスに携わるすべての方におすすめの資料です。

資料の目次

1. カルチャーマップとは
  1-A エリンメイヤーとカルチャーマップ
  1-B カルチャーマップ8つの指標
2. カルチャーマップ -インド-
  2-A コミュニケーション
  2-B 評価
  2-C リード
  2-D 決断
  2-E 信頼
  2-F 見解の相違
  2-G スケジューリング
  2-H 説得
  2-I 日本&インド文化特性比較

異文化理解のフレームワーク「カルチャーマップ」とは、エリン・メイヤー氏が世界有数のビジネススクール INSEADで教授を務める中で、同校のプログラム参加者である世界各地から集まったエグゼクティブから得た情報を検証し作成された、異文化人材を率いるマネージャーが自覚しておくべき8つの指標において、67か国の文化の相対的位置づけを示した分布モデルです。

今回は“インド”をピックアップし、8つの指標を説明するとともに、日本との違いを定量/定性の両面から分析し、インドビジネスのプロフェッショナルによる8つの指標毎の考察を盛り込んでいます。

ぜひ貴社のインドビジネスにおける異文化マネジメントにご活用ください。

会社情報

社名 インサイトアカデミー株式会社
住所 〒105-0004
東京都港区新橋1-12-9 新橋プレイス7F
代表者 北村 嘉章
資本金 9,500万円
売上高
従業員数 15名
資料ダウンロード

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー