[テーマ別研修]ロジカルシンキング研修

元マッキンゼー教育プログラム創設者による人材育成のプロフェッショナルになるために必要な5つの考え方



人材育成は企業において重要課題として位置づけられているものの
一人あたりの人材投資額は減少傾向にあります。
また2018年時点で74%もの企業がOFF-JTよりもOJTを重視すると回答しており
これは、これまでの業務を覚えたり、遂行する事には適しているものの
社員が新しい技術や考え方を学ぶ機会にあるとは言い難い状況です。

これからの時代に求められる人材は、自ら考え、自ら課題を発見し、
課題解決策を考え、自ら行動ができる人になります。
そのような人材を育成するには、経営者・人材育成担当者自らが
大事な考え方を身につけ、成長していかなくてはなりません。
本資料では、人材育成担当者のための「最も重要な考え方」を紹介します。

目次
人材育成が直面している課題
◆人材育成は重要課題であるが投資は減少
◆社員も自己投資に消極的
◆企業における人材育成はOJT中心
◆実施される研修も人材育成課題対応ではなく総花的
◆入社後3年目までの退職率が30%の高水準で推移

人材育成のプロフェッショナルになるために必要な5つの考え方
◆人事の使命や役割を明確にしておく
◆人事活動の価値を高める方法を知る
◆KPIを決めて進捗をモニターする
◆自社に必要な人材の育成プログラムを策定する
◆自身が問題解決の考え方を身につけ価値を高める

特別チェックリスト
◆人材育成のプロフェッショナルのための取り組みチェックリスト13

※同業他社様のダウンロードは固くお断りいたします
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

次世代経営者を育成したい

社員のリーダーシップを強化したい

管理職の能力を高めたい

会社情報

社名 株式会社フォアサイト・アンド・カンパニー
住所 東京都港区東麻布1-3-8
TOWER FRONT神谷町10F
代表者 齋藤 顯一
資本金 1000万円
売上高 -
従業員数 -