[組織風土]ワークライフバランス

【Chronowis事例】テレワークの実態を把握する手法とは?


【Chronowis事例】テレワークの実態を把握する手法とは?
資料種別: 事例紹介
ジャンル: [組織風土]ワークライフバランス
容量: 1.6MB(PDF形式)
提供: パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

PC画面への表示による「緩やかな牽制」で約6割の社員が帰宅

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社では、働き方改革に伴い、育児や介護など特定の社員に限定されていた在宅勤務制度を全社員に拡大。また、従来のシンクライアントPCに加え、セキュリティを強化した安価な持ち出し用PCの提供を開始したことでテレワークが大きく加速した。その際、新たなニーズとなったのが、「社員が行っている残業は本当にそのタイミングで必要か」と「働き方改革による在宅勤務やテレワークの実態」という2点を把握することだった。
そこで同社では、PCの強制シャットダウンなどによる長時間労働抑止ではなく、一定の時間になったらPC画面上にポップアップを表示し、必要ならば上司に残業の理由と時間を申請するしくみを導入した。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

労働時間の超過を減らしたい

ポップアップ表示でPC利用を抑止。残業理由を明記して上司へ申請。指定時間でのPCシャットダウンではなく、ポップアップ表示の「緩やかな牽制」

ワークライフバランスを推進したい

在宅や社外の「PCの稼働時間」を見える化。業務実態を把握するための新たな指標に

自社の生産性を高めたい

社員は「残業の必要性」を見直し、上司は「勤務実態」を把握可能に。社員個人の働き方に対する意識変革を行いたい企業にマッチ

会社情報

社名 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
住所 〒105-0021 東京都港区東新橋2-12-7 住友東新橋ビル2号館
代表者 香田 敏行
資本金 1億円(パナソニック株式会社 全額出資)
売上高 非公開
従業員数 非公開

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社のサービス