[雇用管理・賃金]就業規則・勤怠管理

【導入事例(講演資料)】テレワーク環境下で社員の労働時間を正確に把握する仕組みとは?



新型コロナウイルス感染拡大の第2波到来とも言われる中、テレワークを導入した企業にとってはWithコロナを見越してテレワーク環境を改善し、整えていくことが課題となってきています。

社会のため、社員の生活のためにいつまでも経済活動を止めることもできず、日々“新しい働き方”を模索している方々からは、テレワーク・リモートワーク環境下において、
・長時間労働を抑止したい
・従業員の勤務実態がわからない
・勤務実態の管理が難しい
といった声が多く寄せられております。

今回、パナソニックがどのようにこれらの課題を解決してきたか、導入事例を基した講演資料でご紹介いたします。
興味のある方は下記よりダウンロードください!
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

労働時間の超過を減らしたい

ワークライフバランスを推進したい

人事労務の管理コストを低減したい

会社情報

社名 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
住所 〒105-0021 東京都港区東新橋2-12-7 住友東新橋ビル2号館
代表者 香田 敏行
資本金 1億円(パナソニック株式会社 全額出資)
売上高 非公開
従業員数 非公開

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社のサービス