[組織風土]ワークライフバランス

【お役立ち資料】AIチャットボットを活用した働き方改革推進事例


【お役立ち資料】AIチャットボットを活用した働き方改革推進事例
資料種別: お役立ち
ジャンル: [組織風土]ワークライフバランス
[組織風土]人材・組織変革
容量: 627KB(PDF形式)
提供: 株式会社ジェナ

コロナウィルスの影響により、導入企業が増えたテレワークや在宅勤務を中心に、働き方改革のための様々な施策が検討されている企業様も多いのではないでしょうか?

そんな中、働き方改革の推進を助けるソリューションとして注目を集めているのが「社内向けAIチャットボット」です。

本資料では、働き方改革推進の鍵を握る「生産性向上」における、課題定義から、AIチャットボットを使った解決方法をご紹介いたします。
また、実際にAIチャットボットの導入により、働き方改革の推進に成功した事例も合わせてご紹介いたします。

■本資料でわかること
1:社内の業務自動化で活用が進むAIチャットボット
2:「生産性向上」のために目を向けるべき課題
3:課題解決に向けて〜AIチャットボットで社内ナレッジを体系化
4:AIチャットボット導入に不可欠な「社員=ユーザー」の目線
5:ナレッジの体系化・ユーザー体験の充実により生産性向上が実現
6:AIチャットボットの社内利用により生産性が向上した成功事例

少しでもご興味を頂けましたら、下記よりダウンロードをお願いいたします。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人事部門を変革したい

「聞きたくても聞きづらい」という心理的ハードルを解決!従業員の潜在的な声が可視化でき、現場目線の戦略人事を実行することができます。

ワークライフバランスを推進したい

AI社員に人事ナレッジを集約することで、効率的で有効な情報共有を実現!属人化の解消にも役立ち、人事部内の柔軟な働き方をサポートします。

自社の生産性を高めたい

マニュアルを案内すればわかるような、定型的な問い合わせに対して、AIチャットボットが自動で回答。本来行うべき業務に集中できるようになります。

会社情報

社名 株式会社ジェナ
住所 〒101-0031 東京都千代田区東神田3-1-2 ユニゾ東神田三丁目ビル 3F
代表者 代表取締役 Co-CEO 五十嵐 智博、木村 彰人
資本金 1億9,465万円(資本準備金を含む)
売上高 -
従業員数 -