[オフィスサービス]業務効率化

大手企業様必見!【 人事部門事例 8選 AIチャットボット事例集 】



労働人口の減少が深刻化する中で、人事部門は中長期的な視点で、
会社全体の環境整備や人手不足が大きな問題になっていきます。

【 人事部門様のよくある課題 】
・日々の定型業務に追われて戦略的な人事業務ができない
・人事部内の業務の属人化により、負荷の集中や非効率化が発生している
・会社全体としてシゴト環境を改善し、生産性や定着率の向上が必要


そんな中、人事部門様を中心に社内導入が急速に進んでいるのが、
「社内向けAIチャットボット」です。

「hitTO(ヒット)」は、AIチャットボットを通じて人事部門のナレッジを
体系化することで、定型業務の自動化や人事部内の属人化の解消だけでなく、
会社全体の利便性の向上を実現できます。

本資料では、AIチャットボット「hitTO」をご活用頂きました、
【 人事部門様での導入事例 】をご紹介いたします。

-------------------------------------------------------------
■本資料でこんなことが分かります!

導入背景から採用理由、さらには導入効果まで、大手企業8社様の事例をご紹介!

 ・なぜ、AIチャットボットを導入したのか?
 ・なぜ、「hitTO」を採用したのか?
 ・hitTOを導入後、どのように変化したのか?
-------------------------------------------------------------

少しでもご興味を頂けましたら、下記よりダウンロードをお願いいたします。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

業務を効率化したい

勤怠や休暇、申請など従業員からの問い合わせに担当者の方に代わり、AIチャットボットが自動で回答することで、定型業務の効率化を実現できます。

自社の組織の特徴を診断したい

AIチャットボットに寄せられる質問履歴から従業員の潜在的ニーズを把握することができるので、その声をもとに人事企画の立案に繋げることができます。

テレワークを増進したい

24時間365日いつでも場所を問わず、AIチャットボットに質問ができるので、テレワークや時差出勤など「新しい働き方」に対応した環境を構築できます。

会社情報

社名 株式会社ジェナ
住所 〒101-0031 東京都千代田区東神田3-1-2 ユニゾ東神田三丁目ビル 3F
代表者 代表取締役 Co-CEO 五十嵐 智博、木村 彰人
資本金 1億9,465万円(資本準備金を含む)
売上高 -
従業員数 -