[人事・労務全般・その他]労務コンサルティング

残業時間の罰則付き上限規制とは?「働き方改革」徹底解説ガイド



<概要>
働き方改革関連法は、戦後の労働基準法制定以来70年ぶりの大改革です。
2020年4月より、中小企業にも時間外労働の上限規制が適用されます。法定労働時間は、原則1日8時間、週40時間です。その範囲を超える場合、労働基準法第36条に基づく労使協定(36協定)の締結が必要です。月45時間かつ年360時間以内が原則でした。一方で、特別条項付きの36協定を締結することで、従業員にどこまでも時間外労働をさせることが可能となっていました。今回、これを超えることは違法となり罰則が科されます。本資料では、早急にシステム対応が必要な項目について解説していきます。


1.働き方改革の概要
2.残業時間の罰則付き上限規制
3.5日間の有給消化の取得義務化
4.労働時間の客観的把握義務
5.freeeが提供する働き方改革対応機能


気になる方は、下記よりダウンロードください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人事部門を変革したい

人事労務の管理コストを低減したい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 freee株式会社
住所 〒141-0031
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
代表者 CEO 佐々木 大輔
資本金 161億603万円(資本準備金等含む)
売上高 -
従業員数 481人(※2020年6月末時点、正社員数)