[人事・労務全般・その他]労務コンサルティング

中小企業こそ必要な“働き方改革” 「バックオフィスの効率化で売上改善する方法」



<概要>
2018年8月に行われた帝国データバンクによる「働き方改革に対する企業の意識調査」によると、6割強の企業が「働き方改革」に取り組めていない状況です。戦後の日本では、高度成長期を機に生産年齢人口が増え、消費者物価指数や給与額もどんどん伸び、好景気といわれる「バブル時代」へと突入しました。

しかしバブル崩壊を迎えると、時代の流れは一転。少子高齢化によって労働人口、内需ともに減少してきました。
需要が不足、激変する労働力の世の中では、付加価値のあるサービスを生み出す、少ない人数でも回せる環境を作るアウトプットの最大化が求められており、“働き方改革”が必要になっています。1人あたりの労働生産性を上げる必要があり、今回は「どのように働き方改革を進めていくべきか」をご紹介いたします。

●「働き方改革」の現状
●「働き方改革」はなぜ必要?
●「働き方改革」をどう実現する?
●業務のムダを洗い出し、解消するまでの流れ
●freeeについて
…など


気になる方は、下記よりダウンロードください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人事部門を変革したい

人事労務の管理コストを低減したい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 freee株式会社
住所 〒141-0031
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
代表者 CEO 佐々木 大輔
資本金 161億603万円(資本準備金等含む)
売上高 -
従業員数 481人(※2020年6月末時点、正社員数)