[組織風土]人材・組織変革

【導入事例】遠隔地同士でも「ありがとう」で従業員満足を向上 - 日本PCサービス株式会社



<概要>
OKWAVE GRATICAを導入する以前、弊社では「ハッピーポイント」という取り組みを行っていました。従業員満足を高めるため、良いことを行ったスタッフの行動をGoogleフォームに記録して感謝を贈るという取り組みをしていたのですが、担当者が集計し、社内報に掲載するという仕組みだったため、贈ってすぐ本人に届くわけではありませんでした。また、所属部署や自分と相手の名前、ハッピーポイントを贈る理由など、答えなければいけない質問項目が多く、使う人が限られてしまい徐々にハッピーポイントの存在が忘れられていきました。
そんな時、感謝をオンライン上のカードで贈る事ができるGRATICAがリリースされたのを知りハッピーポイントに代わるものになるかもしれないと思い導入させて頂きました。


<ポイント>
◆従業員満足の課題をOKWAVE GRATICAで克服
◆3つの方法でGRATICAの利用を活性化
◆遠隔地同士でもGRATICAでコミュニケーション
◆利用が活性化されることで従業員満足につながる


気になる方は、下記よりダウンロードください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

社員のエンゲージメントを高めたい

組織を活性化したい

従業員満足度(ES)を高めたい

会社情報

社名 株式会社オウケイウェイヴ
住所 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル5階
代表者 松田 元
資本金 12億67百万円(2019年6月30日現在)
売上高 4,892百万円
従業員数 125人(単体)