[人材育成・研修全般]研修コンサルティング

効果が感じられない研修の対策方法 管理職研修の事例より


効果が感じられない研修の対策方法 管理職研修の事例より
資料種別: お役立ち
ジャンル: [人材育成・研修全般]研修コンサルティング
容量: 1.2MB(PDF形式)
提供: CMOパートナーズ

最近よく頂く声が、「効果のある研修とはどのように企画・運営するのですか」です。

たしかに、研修の満足度調査は熱心にされていることが多いのですが、それが「効果」につながっているのかに疑問を持つ方が多いです。

では、効果のある研修とはどのように企画・設計するのでしょうか。

当然、いままでの研修でよくある、企画・運営ではうまくいきません。

ポイントを絞って、基礎的な要素からご紹介しております。

ぜひこれからの研修の効果測定のヒントにして頂けますと幸いです。

目次
1.研修の効果測定をする基本
2.よくある満足度調査例
3.効果測定実施の難易度
4.日本における研修効果測定の現状
5.研修効果測定の課題とは
6.管理職研修活用事例
7.研修概要
8.スケジュール
9.研修ステップ
10.効果測定の視点と教材
11.結果
12.ポイント


1. 研修の効果測定をする基本
研修の効果測定につかう基礎的な知識でございます。カーク・パトリックの4段階評価です。レベル1は、研修自体の満足度を問うもの。実施後に行われるアンケートが該当します。レベル2は、学習達成度を問うもの。受講者向けに行われる筆記試験やレポートなどが該当します。レベル3は、行動変容です。これはインタビューや他者からの評価により測定します。そしてレベル4は、成果達成で度です。業績向上にどの程度つながったのかを評価します。これらが基本的な研修効果の分析視点です。


4.日本における研修効果測定の現状
では、日本の現状はどうなっているのでしょうか。日本と、アメリカ、カナダ、ヨーロッパを比較してみます。レベル1の実施状況には大きな差がありません。しかし、レベル2で差が大きくなり、レベル3、レベル4では実施状況に大きな差が開いていることが実情です。

5.研修効果測定の課題とは
では、なぜ研修効果が測定されないのでしょうか。
それは一般的な課題として、以下があげられております。
@測定方法がわからない。
A教育訓練の方法が暖昧である。
B研修後のフォローアップに関してラインマネージャー
の協力が得られない。
C考え方や態度の変容の計数化が難しい。
D記録が残っていないため、時系列を比較したり業績との関連を調べられない。
E 教育スタッフが熱意を持っていない。

詳細は、ぜひダウンロードください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人材育成戦略のコンサルティングを受けたい

現在地を把握し、目標を設定するところから始めましょう。

研修効果を測りたい

一朝一夕にはできません。まずはプロセス管理をきっちりします。

研修成果を行動定着化したい

満足度調査だけでは役に立ちません。きちんとした設計が必要です。

会社情報

社名 「アクティブラーニング」CMOパートナーズ
住所 〒東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階
代表者 大槻純一
資本金 -
売上高 非公開
従業員数 -