【業務を自動化し業務時間を短縮】RPAで自動化すべき業務を見極める3つの視点とは

掲載日:2022/04/15

資料種別: お役立ち
容量: 2.2MB(PDF形式)
提供会社: 株式会社FCEプロセス&テクノロジー
資料ダウンロード

解決できる課題・この資料をおすすめしたい企業

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

RPA導入では、「どの業務に対してRPAを適用し、自動化するのか」を見極めることがとても大切です。

この見極めに失敗してしまうと
・せっかくRPAを導入したのに誰も使っていない…
・RPAを導入したら、かえって業務効率が悪くなってしまった…
ということになりかねません。

そして、今まさにRPA導入を考えている皆さんは「どのくらい業務時間を削減できたかで費用対効果を測ろう」
と考えているのではないでしょうか?

このような考え方では「RPAはできるだけ削減時間の大きな業務に適用しなければならない」といった発想になってしまいがちです。しかし、実は単に削減時間だけにフォーカスして適用業務を決めてしまうと、RPA導入が失敗に終わってしまう可能性が高まります。

そこで本資料では、削減時間だけに注目してRPA適用業務を決めることの問題点を示したうえで、RPAを適用して
自動化すべき業務を見極めるための視点を解説していきます。

気になる方は下記よりダウンロードくださいませ!

会社情報

社名 株式会社FCEプロセス&テクノロジー
住所 〒163-0810 東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル10階
代表者 永田純一郎
資本金 3,000万円
売上高 14億円
従業員数 38名
資料ダウンロード