[オフィスサービス]業務効率化

最新OCR選び方のポイントを解説!〜RPAとの連携で手書きや紙媒体の情報管理が楽になる!〜



【そもそもOCRとは?】
文書電子化やペーパーレス化といった言葉が一般化したとはいえ、
日々の業務では手書き文書や紙文書をやり取りしているという方も多いのではないでしょうか。

これらの手書き文書や紙文書を電子データ化するとなると、誰かが一枚ずつ確認しながらExcelや業務システムに
転記しなければなりません。この作業には大変な手間がかかるうえ、転記漏れやミスが起きやすいという
デメリットもあります。

そこで最近では、OCRを活用して手書き文書や紙文書の電子データ化を行っている企業が増えつつあります。
OCR(OpticalCharacterRecognition/Reader、光学的文字認識)は、画像データに含まれる文字を電子データに変換することができるシステムです。電子データ化したい文書をスキャナで読み込むと、自動で文字を認識してデジタルデータに置き換えてくれます。

【こんな課題はありませんか?】
・未だに紙媒体の書類が多く、情報資産を整理しきれていない…
・FAXでのサービス申込が一定数あり、Excelの顧客台帳への転記に手間がかかっている…
・手書きの店頭アンケートはデータ化に時間がかかるので、やりっぱなしになっている…

手書き、あるいは紙媒体の情報を入力・管理するにあたって、このような課題を抱えている企業は少なくありません。
そして、こうした課題はOCRを導入することで解決できます。

本資料では、OCRの基本やメリットを押さえたうえで、
実際にOCRを選ぶ際に押さえるべきポイントを解説しています。
また、実際にOCRを導入して大きな成果が生まれた事例についても紹介しています。OCR導入をお考えの方は、
ぜひ最後までお読みください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

業務を効率化したい

ペーパーレス化を進めたい

会社情報

社名 株式会社FCEプロセス&テクノロジー
住所 〒163-0810 東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル10階
代表者 永田純一郎
資本金 3,000万円
売上高  
従業員数  

株式会社FCEプロセス&テクノロジーのサービス