[人事・業務システム]給与管理システム

中堅大企業のための人事給与BPOのベストプラクティス



<概要>
従業員1,000〜3,000人はBPOによる業務コスト軽減に対する必要コスト・労力のバランスがとりづらく、人事給与BPOの推進が難しい従業員帯です。単純にBPOの機能に合わせるだけでは現場要望は満たせず、現場を重視しすぎればBPOのメリットが出せません。約50年約2,000社の人事給与と向き合ってきた三菱総研DCSの支援経験から、1,000〜3,000人規模の人事給与BPOのベストプラクティスをご紹介します。


<目次>
・実は難しい!中堅大企業の人事給与BPO
・中堅大企業の人事給与BPOで考えなければならないポイント
・中堅大企業の課題解決のアプローチ
・中堅大企業のためのテンプレート活用例
・中堅大企業のための活用ケーススタディ
…など


気になる方は下記よりダウンロードくださいませ。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

業務のアウトソーシングを検討したい

勤怠管理・給与計算システムを導入・改善したい

システム・アウトソーシングのコストを削減したい

会社情報

社名 三菱総研DCS株式会社
住所 〒140-8506
東京都品川区東品川4−12−2 品川シーサイドウエストタワー
代表者 松下 岳彦
資本金 60億円5,935万円
売上高 連結:573億円 単体:501億円(2019年9月期)
従業員数 連結:2,890名 単体:2,149名(2019年9月現在)

三菱総研DCS株式会社のサービス