[キャリア採用]ダイレクトソーシング

【事例紹介】書類選考通過率が5倍に!面接に来る人材の質が上がり、採用チームの生産性アップが実現



<概要>
◆応募者数に対して内定率が低い、採用活動のKPI見直しが大きな課題
弊社は教育事業がメインなので、教育に対する想いといった根源的な部分を大切にした採用活動をしています。「もっと社会を良くしていきたい」という“外向きのベクトル”を持つ志の高い人を採用したいと思っていたので、書類選考の段階から苦戦していました。当時は、複数の求人サービスを利用していたので、応募者数は十分に担保できていました。でも、会社のビジョンにフィットするような人材がほとんどいなくて、内定率はかなり低かったですね。応募者のうち書類選考を通過して内定まで辿り着ける人が6%にも満たないという……。

結局、採用した人のほとんどが社員の紹介で、メディア経由の採用は全く期待できない状況でした。書類選考や面接の工数だけがどんどん膨れ上がるのに全く成果が出ないので、採用チームのKPI改善が急務だと感じていました。


気になる方は、下記をダウンロードの上ご覧ください!
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

ターゲット層の応募者を集めたい

採用戦略を見直したい

効果的なキャリア採用を行いたい

会社情報

社名 株式会社リブ
住所 〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町13-15 LiBzHOUSE
代表者 松本 洋介
資本金 364,115,000円(資本準備金含む)
売上高
従業員数 70名