[人事制度]人事評価・目標管理制度(MBO)

データで見る!評価制度が成果に繋がらない理由と解決策



インターネットの力でサイバー化が進みボーダレス化が進行する中で、「人」の価値がますます高まる時代に突入しています、日本においては、とどまることのない少子高齢化という潮流も存在。一方で、個々人の価値観が大きく変化しており、雇用の流動化が加速しています。企業にとっては、的確な採用自体が難しくなるばかりか、従業員が離職しやすい状況に直面することになります。

「人の価値」がますます高まる中で自社に適した人材を獲得し、それらの人材が自社の中で活躍し続ける状態を作ることが、これからの企業経営、特に人事戦略にとっての要といえます。

このような背景から本調査を行いました。

従業員のエンゲージメントや能力の発揮に大きく影響を及ぼす「目標評価管理」に着目し、目標評価管理に潜む課題感をあぶり出すとともに、成果につながる目標評価管理への示唆を得ることを目指しました。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人事制度を見直したい

評価制度を見直したい

人事評価(アセスメント)力を高めたい

会社情報

社名 株式会社ビズリーチ HRMOS事業部
住所 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1
代表者 南 壮一郎
資本金 41億円(資本準備金を含む)
売上高 非公開
従業員数 1,600名