【採用ブランディング調査】 採用オウンドメディアに関する実態調査

掲載日:2024/05/14

資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

この資料のポイント!

採用ブランディングを推進するひとつの手法として、採用オウンドメディアへの関心が高まりつつあります。今回は、採用オウンドメディアの取組状況や実感している効果、課題などを明らかにするため、実態調査を行いました。

資料の目次

… 調査概要
 … 採用オウンドメディアの実施状況
 … 採用オウンドメディアを実施する目的や体感する効果
 … 採用オウンドメディアの満足度
 … 採用オウンドメディア運用時の課題
 … 採用オウンドメディアが注目されている背景

【結果の一部】
1.採用オウンドメディアを運用している企業は約6割。
2.採用オウンドメディアの目的や実感している効果は「認知度向上」「競合差別化」「エントリー数増加」が上位に。
3.約97%の企業が「採用オウンドメディアをやって良かった」と回答。
また、約94%の企業が「採用オウンドメディアを早くからやっておくべきだった」と感じていることが明らかに。

【調査概要】
 調査期間  :2024年1月4日~1月6日
 調査対象  :従業員数30人以上の会社で働く人材採用に関わる人事・経営者
 有効回答数:640名
 調査方法  :インターネット調査
 調査主体  :株式会社TalentX


人的資本情報の開示の義務化や求職者が求める情報・価値観の多様化により、企業は多様な角度から企業情報を正しく伝達する「採用ブランディング」がこれまで以上に求められる時代になりました。

採用ブランディングを推進するひとつの手法として、「採用オウンドメディア」への関心が高まりつつありますが、当社が実施した「採用オウンドメディアに関する実態調査」では、採用オウンドメディアを運営している企業は約6割であり、その内94%の企業が「採用オウンドメディアは早くからやっておくべきだった」と感じていることが明らかになりました。

採用オウンドメディアに関する各社の取り組み状況や効果などを資料でおまとめしておりますが、下記で結果の一部をお伝えします。

会社情報

社名 株式会社TalentX
住所 〒162-0925
東京都新宿区神楽坂4-8 神楽坂プラザビルG階
代表者 鈴木 貴史
資本金 8億6,750万4,198円(資本準備金含む)
売上高 非公開
従業員数 120
資料ダウンロード

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー