[人材育成・研修全般]eラーニング

【お役立ち】Afterコロナ を見据えた「研修のオンライン化」のすすめ



コロナ禍でテレワークに切り替える企業が増え、人材育成施策のオンライン化も大きく進展しました。

しかしその実態として、その場しのぎの「短期的なオンライン化」になっているケースは少なくありません。
まだまだ感染拡大の終わりが見えない状況ではありますが、今からAfterコロナを見据えて準備をしておかないと
他社と差を付けられてしまうことが十分に考えられます。

実際に2021年2月の調査結果でコロナ収束後の社員研修実施方法として、
集合研修よりもオンライン研修・eラーニングの実施を検討している企業が多い結果も出ています。
(結果は本資料内にも記載されています)

つまり、研修のオンライン化は一時的なものではなく、
今後はスタンダードになっていく可能性が高いです。

そこで本資料では、研修のオンライン化を進めていくうえでのポイントや手順を解説しています。
ぜひダウンロードして、今後の育成施策検討にお役立てください。

<資料を読んで得られること>
■研修のオンライン化が必要な理由がわかる
■研修をオンライン化するためのポイントを理解できる
■研修のオンライン化を進めるにあたっての手順の概要を押さえられる


<こんな方にオススメです!>
■研修のオンライン化を今後検討しており、ポイントを知りたい
■とりあえずオンラインで研修で研修を実施しているがこのままでいいのか不安
■具体的にオンライン化を進めるうえでの手順がわからない
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

研修のオンライン化によって、育成全般を効率化することができます。

研修内製化・研修開発をしたい

研修のオンライン化施策としてeラーニングを活用すれば、自社内のノウハウを動画にしてストックしていくことが可能です。

会社情報

社名 KIYOラーニング株式会社
住所 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-13 マードレ松田ビル3F
代表者 代表取締役 綾部 貴淑
資本金 7億5953万円(資本準備金7億4953万円)
売上高 15億2200万円
従業員数 30

KIYOラーニング株式会社のサービス