[キャリア採用]人材紹介

激化する「AI人材」獲得競争〜勝ち残るための重要な視点〜



AI人材は圧倒的不足状況で、日本においては2020年までに約5万人不足すると試算されています。そのため世界的争奪戦になっており、各国が国を挙げて人材育成に取り組んでいます。
また、圧倒的人材不足の状況下で、限られたAI人材をいかに自社に引き込むかの競争が激化しており、求人倍率は20倍を超えています。
そこで政府もAI人材の育成に本腰を入れ始めました。政府戦略としてAI人材を年間25万人育成する方針を打ち出し、経済産業省も実務者向け学校設立を検討しています。
とは言え、企業のAI/ビッグデータ活用は待ったなし。自社にAI人材がいなければ外注するほかありません。しかし、ベンダーの提案内容と見積額から実力を見抜くことは困難です。
パートナーを見抜く力(≒AIリテラシー)が不足していたことが原因で、AI開発ならではの問題に直面し、あるいはトラブルを抱えてしまった事例を数多く見聞きしています。
パートナーを見抜く力(≒AIリテラシー)を企業内に確保するためには、@社員を育成する、AAIリテラシーの高い人材を採用する、この2つの手法が考えられます。
その問題を人材採用によって解決するには、数と精度が確保されたDBを持ち、かつAIリテラシーの高い(できればAI人材に特化した)エージェント選定が必要となります。
上記のような激化する「AI人材」獲得競争と勝ち残るための重要な視点をお伝えします。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

技術系採用を強化したい

AIの開発コンペティションに参加する会員をSIGNATEは2万人以上保有しています。国内最大のDBを元にAI開発コンペ開催や人材紹介を行っております。

効果的なキャリア採用を行いたい

SIGNATE会員2万人の内75%が現在企業の中で働いているエンジニアです。彼らから転職ニーズが高まった際に求人に合う人材を企業様にご紹介しています。

採用ブランディングを行いたい

AIの開発コンペティションは採用ブランディングにも非常に有効です。事例もございますのでお問い合わせください。

会社情報

社名 株式会社SIGNATE
住所 〒102-0081
東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
代表者 代表取締役社長齊藤 秀
資本金 2.8億円 (資本準備金1億円含む)
売上高 -
従業員数 -