パーソルチャレンジは2021年8月、新型コロナウイルス感染拡大が長期化する中、障害者の就業への不安や、就職・転職活動への影響、はたらく上で今後重視することなどについて調査を行いました。
2020年7月に実施した同調査と比較し、はたらく上での不安のほか、テレワークなどによるはたらきかたの柔軟性・選択肢を求める声が高まっている様子が伺えます。
長引くコロナ禍における障害者雇用施策や、今後の障害者の定着・活躍実現のためのヒントとしていただければ幸いです。


【調査期間】2021年8月10日(火)から8月13日(金)
【調査対象】dodaチャレンジに登録している全国の障害のある男女で、就業中の方
【回答件数】471名


<ご留意事項>
※本資料をダウンロードいただきますと、弊社や、弊社が運営する法人企業様向け障害者雇用お役立ちサイト「チャレンジラボ」より、障害者雇用に関する最新情報や無料セミナー情報などをメールでお送りさせていただきます。
配信不要の場合はお手数ですが、届きましたメール内下部より配信停止のお手続きをお願い致します。

解決できる課題

採用戦略を見直したい

効果的なキャリア採用を行いたい

障害者雇用率を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 パーソルチャレンジ株式会社
住所 〒108-0014
東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19階
代表者 代表取締役 井上 雅博
資本金 4,500万円※パーソルホールディングス100%出資
売上高
従業員数 966名