<概要>
近年の法定雇用率の引き上げを受けて、企業の本社が集中する地域においては募集企業数の増加により
採用競争が激化し、相対的に採用難易度が上がっています。

その中でもとりわけ東名阪といった大都市圏における募集企業は多い状況ですが、
一方それ以外の地方都市においては、大都市圏と比較すると競合企業数が少なく、
障害者求人に対する人材の充足率は高いと言われています。

本資料では採用市場の動向を踏まえ、データを基にした地方都市での優位性・採用事例・地方雇用を進めるにあたり
感じられる懸念点への対処法などをお伝えさせていただきます。


<こんな企業さまにおすすめです>
●三大都市圏に本社がありかつ地方都市に拠点がある
●大都市圏での採用に苦戦している
●大都市圏での人員受け入れに限界を感じている


<本資料のポイント>
●第1章:障害者採用の市況感について
●第2章:地方都市での採用優位
●第3章:地方都市におけるdodaチャレンジの決定事例
●第4章:地方での障害者雇用 よくある心配事
●第5章:パーソルチャレンジで提供しているサービス


<注意事項>
※本資料をダウンロードいただきますと、弊社や、弊社が運営する障害者雇用のお役立ち情報サイト「チャレンジラボ」より障害者雇用に関する情報のメール等を送らせていただきます。配信不要の場合はお手数ですが、届きましたメール内下部より配信停止のお手続きをお願い致します。

解決できる課題

採用戦略を見直したい

効果的なキャリア採用を行いたい

障害者雇用率を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 パーソルチャレンジ株式会社
住所 〒108-0014
東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19階
代表者 代表取締役 井上 雅博
資本金 4,500万円※パーソルホールディングス100%出資
売上高
従業員数 1106名