[人材育成・研修全般]研修コンサルティング

企業人にとっての「キャリア自律」の本質を見誤るな@<上巻>



<概要>
★「キャリア自律」は、「キャリア」ではなく、「自律」にこそ、その本質がある★

転職を考えている人は別として、企業で働く個人の視点から見る「キャリア自律」
の本質は、キャリアをデザインすることでもないし、キャリアビジョンを無理に作る
ことでもない。目の前の仕事に集中することである。その積み重ねが、結果的に
納得性のあるキャリア形成につながる。
そのためには「外発的動機」ではなく、「内発的動機」による職務遂行を鍵となる。

<目次>
● 真の「自律性」とは
● 「フロー」という究極の集中状態は「内発的動機」によって作られる
● 人間特有の発達した「認知脳」が集中の邪魔をする
● 「情動認識脳」を鍛える8つの内省


気になる方は、下記レポートをダウンロードしてご一読ください!
※同業の方のダウンロードは固くお断りします。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

キャリ自律の時代、今までの人材育成体系で良いのだろうか?何を基軸に見直したら良いのだろうか?そのヒントが得られます。

社員のリーダーシップを強化したい

リーダーシップ(他者に対する影響力)を発揮する前提は、自らが自律することです。

社員のモチベーションを向上させたい

「外発的動機付け」の限界を知り、「内発的動機付け」に焦点を当てた教育が不可欠です。

会社情報

社名 株式会社マネジメントパートナー
住所 〒113-0033
東京都文京区本郷2-13-10 湯淺ビル6階
代表者 廣田 文將
資本金 4920万円
売上高 非公開
従業員数 15名