[人材育成・研修全般]人材育成・研修その他

「1on1ミーティング(対話)」による人材マネジメントのポイント@



「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」による人材マネジメントを導入する企業が増えてきています。しかし、導入はするものの、現場で「対話」実践が継続せず、なかなか定着しないということも多いようです。
その原因として、

1.運用:「仕組み」と「仕掛け」に問題がある
2.マネジメント:マネジャーの「マインド」と「アクション」に問題がある
3.メンバー:メンバーの「マインド」と「アクション」に問題がある

以上の3つが考えられます。今回は“1.運用”の問題についてレポートします。


【コンテンツ】

1.イントロダクション

  「1on1(対話)」による人材マネジメントを現場に導入する企業が増えている
  〜 「導入」は出来ても、その「定着」は難しい 〜

2.問題提起

  制度の「アウトライン(枠組み)」を明確に決めているか?
  〜「対話」による人材マネジメントが現場に定着しない理由 〜

3.明確にすべきアウトライン(枠組み)

  ・「誰」と「誰」が対話すべきなのか?
   〜「なぜ対話を現場に定着させたいのか?」で対象者が決まる 〜

  ・仕事の話をするのか or しない方が良いのか?
   〜「目標面談」「評価面談」との関係を明確にする 〜

  ・いつ、どこで対話をすべきか?
   〜「ハラスメント」のリスクも考慮する 〜

  ・対話の内容をどこまでシェア(共有)するのか?
   〜「公開」と「非公開」のバランスを取る 〜

4.まとめ

  「アウトライン」の明確化なくして「対話」の実践・定着なし
  〜 マネジャーとメンバーのスキルやマインドは「実践」を通して磨かれる 〜
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

社員のチームワークを向上させたい

コーチングを強化・導入したい

社員間のコミュニケーションを向上させたい

会社情報

社名 株式会社マネジメントパートナー
住所 〒113-0033
東京都文京区本郷2-13-10 湯淺ビル6階
代表者 廣田 文將
資本金 4920万円
売上高 非公開
従業員数 15名