今年こそ取り入れたい、 ダイレクトソーシングとは?
新卒採用

今年こそ取り入れたい、 ダイレクトソーシングとは?

資料種別: お役立ち
ジャンル: [新卒採用]ダイレクトソーシング
[新卒採用]合同セミナー
[新卒採用]インターンシップ
容量: 4.1MB
提供: 株式会社賢者屋

解決できる課題

インターンシップを強化したい

新しい採用ツールを検討したい

効率的な採用システムを構築したい

就職活動の活動開始の早期化が進む中、
インターンシップの需要が高まっています。
HR総研の「2018年&2019年新卒採用動向調査」によると、
19卒対象の冬のインターンシップでは、
実施企業のほぼすべてが1Dayインターンシップを実施する結果となり、
その傾向は、20卒においても続くと考えられます。(※1)

ですが、学生はインターンシップへは幅広く参加するものの、
企業セミナーに関しては参加するものを絞りこんでいる傾向があります。

これらを踏まえると、
就職活動を早期に開始する「意識の高い学生」との接点を作るためには、
インターンシップを活用した母集団形成が鍵となりそうです。

賢者屋では、20卒の早期母集団形成になるヒントを、
近年、新しい採用手法としてよく耳にする「ダイレクトソーシング」の
詳細と他社の導入背景なども交えて、ダウンロード資料としてまとめました。
是非、ご覧ください。

------------------
(※1)「2018年&2019年新卒採用動向調査」結果報告 vol.2<HR総研>
https://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=195
------------------

株式会社賢者屋のその他のダウンロード資料