管理職こそ対話の機会を!ー管理職の孤独は業績に影響するー

掲載日:2023/04/19 ※最終更新日:2023/06/27

資料ダウンロード

解決できる課題・この資料をおすすめしたい企業

社員のリーダーシップを強化したい

高度化する組織を率いるマネージャーに必要なオーセンティックリーダーシップとは?

コーチングを強化・導入したい

集合研修だけでは難しい管理職の"行動変容"が生まれた事例をご紹介

管理職の能力を高めたい

管理職の能力発揮のポイントをキャッチ!

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

資料の内容

資料の目次

0 意外な盲点!?管理職になった後の放置
1 管理職の孤独は業績に影響する
 1.1 管理職のパフォーマンス発揮を阻害するもの
2 管理職が孤独にならないためには?
 2.1 オーセンティックリーダーシップの実践
   オーセンティックリーダーシップ 5つの特性
   「ネバネバ」に囚われていては”本来”のリーダーになれない?
 2.2 管理職自らの心理的資本を開発すること。
   心理的資本が高いリーダー、低いリーダー
3 対話による管理職の心理的資本を引き出す事例
 3.1 クライアントインタビュー vol1
 3.2 クライアントインタビュー vol2
4 対話って「互いに対する話」なので、傾聴だけでは成立しないはず

意外な盲点となっている、管理職に着任した後の支援。プレイヤーとしてハイパフォーマーであったとしても、マネージャーとして活躍できるとは限りません。しばらくは仕方ないと放置しておくと、時間が経っても状況は変わらないどころか、チーム状態として悪化するという見方もできます。ローパフォーマーとなってしまう懸念もあります。管理職にパフォーマンスには、実は管理職が抱える「孤独」が影響を与えています。管理職が孤独にならないために必要なこと、管理職のパフォーマンスを高めるために必要なオーセンティックリーダーシップの考え方や管理職の心理的資本を引き出す事例についてご紹介します!

会社情報

社名 株式会社Be&Do
住所 〒530-0047
大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル305
代表者 代表取締役 石見一女
資本金 4,800万円
売上高 -
従業員数 9名
資料ダウンロード

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー