【本資料の概要】
2018年12月に国際標準化機構(ISO)から発表された「ISO 30414」。これは、企業が人的資本への投資や改善にどのように取り組んでいるのかを“見える化”し、投資判断の材料とする人的資本の情報開示のためのガイドラインを指す。

上場企業だけでなく、すべての企業にとって自社の人材や組織の課題を浮き彫りにし、課題解決に繋げる有効な指標ともなるもので、日本企業の間でも関心が高まっている。「ISO 30414」導入には、人的資本の状況をデータ化する必要があり、HRテクノロジーの導入は不可欠。

そこで今回は、日本で初めて「ISO 30414リードコンサルタント/アセッサー認証」を取得された慶應義塾大学大学院特任教授 岩本隆氏と、株式会社HRBrain EX事業部事業統括部長 吉田達揮氏が、「ISO 30414」の意義や企業・人事に求められる役割などについて語り合った。

【出演者】
●慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏
●株式会社HRBrain EX事業部 事業統括部長 吉田 達揮氏

【トピック】
●投資における非財務情報の必要性が契機に
●「ISO 30414」は企業や組織にどのようなメリットをもたらすか
●「ISO 30414」とデータ活用の関係性
●「ISO 30414」とタレントマネジメントシステムの関係性
●従業員エンゲージメントから「従業員エクスペリエンス」へ

解決できる課題

社員のエンゲージメントを高めたい

組織を活性化したい

人事部門を変革したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社HRBrain
住所 〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 4F
代表者 堀 浩輝
資本金 非公開
売上高 非公開
従業員数 非公開