[人事・労務全般・その他]その他

【ワークルール検定2018春】初級・中級


【ワークルール検定2018春】初級・中級
資料種別: サービス資料
ジャンル: [人事・労務全般・その他]その他
容量: 4.3MB(PDF形式)
提供: 一般社団法人日本ワークルール検定協会

「ワークルール」とは、働くときに必要な法律や決まりのことです。現在の日本では、労働相談件数が増加し、「ブラック企業」・「ブラックバイト」問題などに象徴されるように、企業・使用者側、労働者側双方のワークルールに関する意識の欠如に起因する労働問題が顕在化しています。しかしながら、学校教育の過程ではワークルールについての教育は殆ど行われておらず、実際の職場でもそれについて話し合う契機は殆どないのが現状です。働き方が大きく変化し、労働契約法、パート労働法、派遣法などの立法・法改正が行われる中で、自分を守るためにワークルールを知るニーズが拡大しています。このような問題意識から、ワークルール検定制度を2013年に創設しました。現在は年に2回、春と秋に実施しています。だれもが安心して働ける職場をつくるために、この検定制度を大いに生かしていただきたく考えており、当資料はその概要です。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

ワークライフバランスを推進したい

「ワークルール」とは、主に働くときに必要な法律やきまりのこと。ワークルール検定を通じて、誰もが働きやすいしくみをつくりましょう。

従業員満足度(ES)を高めたい

人事総務系ご担当者が「ワークルール検定」で資格取得し、自社社員の働く安心感や自社への満足度を高めることができます。

MENU