<概要>
労務に関する業務は、退職者が多い年度末や新卒採用が集中する4月、社会保険の定時改定が行われる6~7月、年度末調整を行う12月、さらには煩雑な手続きも相まって1年を通じて多忙なものとなっています。また、これまでは"紙文化"が常識であったことから、残業や休日出勤が当たり前ともなっていました。

働き方改革関連法の施行や新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワーク・リモートワークの推奨に伴い、“紙文化”からの変革時期が訪れています。政府としても行政手続き業務の工数削減に向けて、様々な手続きにおける「電子化」への対応を進めており、一部企業、一部労務手続きについては電子申請の義務化を開始しています。

「電子化の波が来ている労務業務」と「より利便性の高まるクラウド人事労務ソフト」の2つの要因により、これまでの”紙文化”からの転換期を迎えた労務の実状を紹介。大量の書類への手書きや役所への提出......人海戦術での対処が、どのように変わるのかを事例とともに解説します。


気になる方は、下記をダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

人事部門を変革したい

人事労務の管理コストを低減したい

自社の生産性を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6217
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー
代表者 代表取締役 宮田 昇始
資本金 (参照)https://smarthr.co.jp/about
売上高 -
従業員数 350名