<概要>
コロナ禍の休業や残業の減少により、副業・兼業が注目されています。収入を増やしたい、1つの仕事では生活できないといった収入面だけでなく、自身のスキルアップや人脈を広げたい、起業の準備のためなど理由は様々です。

現状では、副業・兼業を認めている企業はまだまだ少数派のようですが、国は「働き方改革」の一つの施策として、副業・兼業を普及促進しています。しかし、労働時間の通算や安全配慮義務、秘密保持義務、競業避止義務等、労務管理における課題も多く、またそのルールについても明確ではなかったため、慎重な企業も数多くありました。今回は、この新しいガイドラインについて解説します。


気になる方は、下記をダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

組織開発をしたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6217
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー
代表者 代表取締役 宮田 昇始
資本金 (参照)https://smarthr.co.jp/about
売上高 -
従業員数 350名