[人事・労務全般・その他]その他

「働き方改革」と「経営の強化」の両立 絶対に外してはならない 3つの心得



「働き方改革」において、労務管理・バックオフィスの改革は不可欠です。

しかし、人材・リソース不足などの理由から「そこまで手が回せていない」という企業も多く存在しています。
とはいえ現状を放置すれば「大切な人材が離れていってしまう…」というジレンマに陥ってしまうことから
限られた経営資源の中であっても、経営者・マネージャー層は改革のための一歩を進めなければなりません。

特に飲食業や小売業のように、パート・アルバイトの流動性が高い業界では
労務管理・バックオフィスの効率の悪さは切実な問題となってきます。

管理職・一般社員問わず、労務管理にかかる業務は最小限にして
本来の業務に注力してもらうことが、企業・経営の強化につながります。

本資料では、はじめにバックオフィス改革により「働き方改革」を進めながら
それを着実に「経営の強化」に繋げていくために必要な3つの心得を紹介します。

<このような方におすすめの資料です>
●これから働き方改革を注力したい/働き方改革が進まないと感じる経営層の方
●働き方改革と生産性維持、向上の両立に課題を抱える経営層の方
●バックオフィスをどのように改革すればよいか知りたい経営層の方 など

ご興味がございましたら、ぜひ本資料をダウンロードし詳細をご確認くださいませ。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

労働時間の超過を減らしたい

ワークライフバランスを推進したい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6217
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー
代表者 代表取締役 宮田 昇始
資本金 (参照)https://smarthr.co.jp/about
売上高 -
従業員数 350名