[人事・労務全般・その他]労務コンサルティング

2020年6月から施行。「パワハラ防止法」で企業はどう変わるべきか?



<概要>
2020年6月より、パワーハラスメントの防止を企業に義務付ける法律、「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」が施行されます。事業主は職場におけるハラスメントを防止するためにいくつかの措置を講じる必要があり、パワハラの内容が悪質で行政の勧告に従わなかったときは、企業名が公表される場合もあります。そこで本資料では、「改正労働施策総合推進法」について、知っておくべきポイントや企業が対応すべきことをまとめました。また、忙しい人事労務担当者の負担を軽くしこれらの法改正へ対応できるよう業務を効率化する「SmartHR」についてもあわせて解説します。


<目次>
◆パワハラ防止法とは?
◆パワハラと認定される行為
◆ハラスメント防止のために講ずべき措置
◆パワハラが認められた過去の判例
◆セクハラ・マタハラも対策強化が義務化
◆誰が法改正(働き方改革)に対応するのか?
◆SmartHRで人事労務の業務を効率化


気になる方は、下記をダウンロードの上ご覧ください!
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人事部門を変革したい

人事労務の管理コストを低減したい

自社の生産性を高めたい

会社情報

社名 株式会社SmartHR / SmartHR, Inc.
住所 〒106-6239
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー 39F
代表者 代表取締役 宮田 昇始
資本金 (参照)https://smarthr.co.jp/about
売上高 -
従業員数 200名