<概要>
長年にわたり築き上げられてきた企業文化を変えるのは容易ではありません。日本のインターネット環境を支えているビッグローブ株式会社は、「社会インフラを守る真面目な風土」を強みとする一方で、新たな挑戦に踏み出す機運を高めることが課題となっていました。そこで同社では、自社の風土をうまく活用する形で1on1を導入し、社内コミュニケーションを活性化させています。「スキル習得」に重きを置いた同社の取り組みを伺いました。


★BIGLOBEについて
インターネット等のネットワークを利用した情報サービスの提供および、これに付帯または関連する一切の業務を運営。従業員数約500名。


●BIGLOBEの組織課題:社会インフラを支える「真面目な風土」がある一方で、新たな挑戦は少なかった
●1on1導入のきっかけ:「1on1をやるべき」というトップメッセージで、重要タスクだと認識してもらう
●ビジネスコーチのサービス導入理由:1on1を「受ける側」の視点を持つことで得た気づき
●「質よりも量」のフェーズを過ぎて向き合う「1on1とビジネスの接続」
…など


気になる方は、下記よりダウンロードください。

解決できる課題

人材育成戦略のコンサルティングを受けたい

人材育成の体系を見直したい

社員・組織のイノベーション力を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 ビジネスコーチ株式会社
住所 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2 VORT 半蔵門 II (旧:KIHOHビル)
代表者 代表取締役社長  細川 馨
資本金 78,400,000円
売上高 非公開
従業員数 非公開