[人事・業務システム]タレントマネジメントシステム

離職を検知する7つのアプローチとは?−データ活用により離職防止を実現



<概要>
人手不足が続くなか、多くの企業では社員の離職防止が重要課題となっています。優秀な人材の離職は、企業にとって大きなダメージとなるからです。そのため、離職を防止するために有効な施策が必要となります。離職防止をマーケティングに置き換えてみると、顧客の離反防止ということになるでしょう。マーケティング分野では科学的な離反防止手法のアプローチが進んでいるのに対し、人事分野ではそうした手法の開発はほとんど進んでいません。離職防止にはマーケティングと同様に、社員のデータを収集し、離職傾向を分析し、施策に活用することが必要なのです。

これを実施するには、適したツールを使うと効率的です。人事システムやHRテックを活用し、自社のデータを整理しておきましょう。ここでは、そうして蓄積した人材データの活用例を紹介します。


ご興味のあるかたは下記ボタンよりダウンロードをお願いいたします!
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

タレントマネジメントシステムを導入・改善したい

自社の人事ビッグデータを解析したい

社員全体の能力・スキルを的確に把握したい

会社情報

社名 株式会社 プラスアルファ・コンサルティング
住所 〒105-0013 東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル6F
代表者 三室 克哉
資本金 -
売上高 25億
従業員数 130名