[人事・業務システム]タレントマネジメントシステム

【HRサミット2018スペシャルインタビュー】AI×人事データで最適化する採用、育成、人材マネジメント


【HRサミット2018スペシャルインタビュー】AI×人事データで最適化する採用、育成、人材マネジメント
資料種別: 講演資料・レジュメ
ジャンル: [人事・業務システム]タレントマネジメントシステム
容量: 3.4MB(PDF形式)
提供: Institution for a Global Society株式会社

【HRサミット2018スペシャルインタビュー】
経営が人事データを活用してここまでできる!
「AI×人事データで最適化する採用、育成、人材マネジメント」

〜インタビュー導入文より〜
経営層と人事部門が連携し、人事データを駆使して経営目標を実現させる〜そういう時代が近づいているのだろうか。
それとも、夢物語なのだろうか。
ほとんどの企業では、いまだ経営層が人事データ活用の重要性を十分認識していなかったり、
人事部門にそのノウハウ、スキルがなかったり、最適な人事データ解析サービスが無かったりという理由で、
夢の実現にはまだほど遠い状態のようだ。
しかし、その実現に大きく踏み込んでチャレンジしている経営者がいる。日本、海外でウエディング総合プロデュース企業、
レストラン事業を展開する高見株式会社の専務取締役 高見 重行氏である。
少子化する日本だけでは継続的な事業成長が厳しいウエディング産業において、高見は人材データ活用に基づいた人材戦略を軸に
さらなる成長を志向している。
その人材データ活用を支えているのが、Institution for a Global Society(以下IGS)株式会社が提供する
採用もできるピープルアナリティクス「GROW360」である。今回は、高見 重行氏とIGS代表取締役社長 福原 正大氏に、
採用、育成、人材マネジメントを最適化する戦略的な人材データ活用についてお話を伺った。

TAKAMI HOLDINGS 株式会社 専務取締役 高見 重行氏
Institution for a Global Society 株式会社 代表取締役社長 福原 正大氏
<インタビュアー>ProFuture 株式会社 代表取締役社長 寺澤 康介
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

メンタルヘルス診断をしたい

社員全体の能力・スキルを的確に把握したい

社員の適性配置が出来るデータを把握したい

会社情報

社名 Institution for a Global Society株式会社
住所 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-3-18
広尾オフィスビル 7階
代表者 福原正大
資本金 78,000,000円
売上高 非公開
従業員数 30名

MENU