[新卒採用]応募者・内定者管理ツール

【ANA様導入事例】AIの活用で実現!内定者データを活用した新たな人事戦略


【ANA様導入事例】AIの活用で実現!内定者データを活用した新たな人事戦略
資料種別: 事例紹介
ジャンル: [新卒採用]応募者・内定者管理ツール
容量: 956KB(PDF形式)
提供: Institution for a Global Society株式会社

人工知能を活用した人事ツール「GROW」を提供しております、IGS株式会社より、これまで見落としてしまっていたポテンシャルの高い学生へのアプローチに成功したANA様導入事例を記したダウンロード資料のご案内です。
(ハーバードビジネスレビュー17年8月号掲載)

<課題>
人事のリソースに対して応募数が非常に多く、活躍するポテンシャルを
持つ学生を見落としているのではないかという懸念があった。

特に、最終面接まで残る可能性が高い学生を、選考初期段階で見落とし
てしまうことを防止できないかという課題を持っていた。

上記の課題をどのように解決したのか、詳細は資料のp.8以降をご確認ください。

本資料は、春先に向けて内定者の受入や、次年度以降の採用戦略の策定などに役立つ情報を含んでおります。

◎内定者受入前の今、取り組むべき施策とは?

春先に向けては、内定者の受入や、次年度以降の採用戦略の策定など
思案すべき施策が多くあります。
「内定者の活躍の遅れ」「明確な基準のない採用戦略の策定」・・・
このような事態を避けるには、どのような取り組みが効果的なのでしょうか。

「内定者の活躍の遅れ」「明確な基準のない採用戦略の策定」
といった事態を避けるためには、戦略策定の上で根拠となるデータをきちんと収集し、分析することで現状と向き合っていく必要があります。

次年度より入社する内定者の人材データを定量的に分析し
活用することができれば、

(1)今後の新卒採用戦略
(2)内定者の入社後の活躍
(3)人間関係の可視化による、要フォロー内定者の把握
といった施策につなげることができます。

GROWで取得できる人材データが、どのように上記施策につながるのか?
活用の方法と最新事例をご確認ください。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

採用戦略のコンサルティングを受けたい

新卒採用で内定辞退者を減らしたい

採用戦略を見直したい

会社情報

社名 Institution for a Global Society株式会社
住所 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-3-18
広尾オフィスビル 7階
代表者 福原正大
資本金 78,000,000円
売上高 非公開
従業員数 30名

Institution for a Global Society株式会社のサービス