【概要】
語学研修を実施している際、貴社内でこのような声は聞こえてきませんか?
・外国語、なんで今やらないとダメなの?
・語学研修制度?自分にはあまり関係ないよね
・どれだけ力がついているかチェックする機会はないの?

このような声が聞こえる状態のままでは、
せっかく用意した語学教育もうまくいかず、効果が出ないことに…
では、どのようにしたらよいのでしょうか?
本資料では、語学教育を導入する時におさえておきたい5つのポイントをご紹介します。

今すぐに使える、教育を活用するにあたっての「チェックシート」も内包しております。
興味のある方は、下記よりダウンロードをお願いします!

解決できる課題

研修効果を測りたい

語学研修を実施した際に学習成果を上げるためには 実施目的を踏まえながら「効果検証」を行うことが非常に重要です。

研修成果を行動定着化したい

「語学教育を用意しただけで、社員に任せっぱなし」ではありませんか。 実施前に、従業員の意見など必ず吸い上げるようにしましょう。

語学教育を強化したい

効果的に語学教育を行うには 「レベルの合致」「アウトプットができる」点が重要です。 他、重要なポイントもございますので資料をご覧ください。

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 アシストマイクロ株式会社
住所 〒164-0012
東京都中野区本町3-31-11 Daiwa中野坂上ビル7F
代表者 百瀬 太郎
資本金 7,527万6千円
売上高 -
従業員数 -