◎「入社時教育」だけにとどまらない体系的な新入社員の育成を考えます。
--------------------------------------------
イマドキの新入社員は、特にコミュニケーション能力に長け、
周囲とスムーズに協力できる傾向が強い反面、
失敗することに抵抗があり、自発的な行動をためらいがちだといわれています。

それぞれの特性を生かしながら一人ひとりが自社で活躍してもらえるよう
組織は周囲と協力しながら丁寧なフォローを心掛ける必要があります。

そのためには、新入社員本人だけでなく、配属先のOJT担当者や上司、
メンバー、ひいては育成施策全体を設計する人材育成部門も含め、
職場が一体となって育成を推進することが大切です。


産能大では、新入社員の育成と学びを、次の5つの視点で捉えます。

--------------------------
1.内定者 ⇒学生から社会人への切り替え準備を行う

2.新入社員 ⇒社会人としての基本を学び、身につける

3.若手社員 ⇒試行錯誤しながら、自律的に役割を果たす

4.育成者 ⇒方法論や知識に基づいて成長の場を与え、教えて、育てる

5.人事育成担当部門 ⇒教育機会やツールを提供し、育成者に働きかけ支援する
--------------------------

それぞれの視点における学習や育成のポイントを全体像で示すとともに
リモート環境に強い通信研修やeラーニングなどの遠隔学習、
オンライン研修、十分な感染対策を行って実施するセミナーなどをご紹介
しています。

新入社員を取り巻くベーシックなテーマから時代のニーズに応じたテーマまで
従来の『新入社員育成 5つの視点』を2022年度版へアップデートしました。

今年はコロナ禍で思うような教育施策が講じられなかった企業様も
次年度の新入社員研修は積極的に検討している企業様が多いという印象です。
改めて体系的に新入社員の育成を見直したい方、必見です!!

※全16ページのダウンロード資料です。
※印刷する場合は、冊子印刷を推奨します。

解決できる課題

新入社員の能力を高めたい

若手社員の能力を高めたい

中堅社員の能力を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 学校法人産業能率大学 総合研究所
住所 〒158-8630
東京都世田谷区等々力6−39−15
代表者 上野 俊一
資本金 該当なし
売上高 非公開
従業員数 588名(2021年4月現在)