「働き方改革」は長時間労働の是正だけにあらず。 日本オラクルのMission 85の挑戦
福利厚生・安全衛生

「働き方改革」は長時間労働の是正だけにあらず。 日本オラクルのMission 85の挑戦

提供:日本オラクル株式会社

お役立ち

メンタルヘルス・EAP・産業医
容量:1.1MB

解決できる課題

従業員満足度を高めたい

社員の健康を改善したい

自社の生産性を高めたい

政財界のリーダーが発信した2017年の年頭所感には「働き方改革」に言及するメッセージが多く見られた。IT業界のリーダーの年頭メッセージでも、「働き方改革」が、昨今注目されるAIやIoTと同じくらい頻出するキーワードになっていた。その背景には業界が抱える課題の上位にIT人材の不足が一層深刻化することにある。

経済産業省が実施した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(2016年6月10日公開)によると、「我が国の人口減少に伴って、2019年をピークにIT関連産業への入職者は退職者を下回り、産業人口は減少に向かう」と予想している。また、2015年時点で約17万人のIT人材が不足しており、ITニーズの拡大によってIT市場は今後も拡大を続けることが見込まれるため、2030年には約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するとしている。

日本オラクル 取締役 代表執行役社長 兼 CEOの杉原 博茂は年頭所感で、民間企業の投資や消費動向など一部で力強さを欠いている要因に、少子高齢化による人口減少、人手不足への不安が払拭しきれないことにあるとしている。「日本が世界と競争するに十分な力をつけるためには、この優れた人材を最大限に活用して高い生産性を実現する仕組みづくりが必要」と語った。

杉原が社長就任時に示した「VISION 2020」における 「クラウド No.1」と「The Most Admired Company(最も賞賛される会社)in the Industry」を受け、日本オラクルでは2014年12月に「2020年に社員の働きがいを85%まで高める」活動「Mission 85 (M85)」が発足した。最も賞賛される会社になるためには、事業の継続的な成長や、社会貢献、お客様からの高い評価などはもちろん、社員が働きがいを感じて活き活きと能力を発揮することが重要だからだ。

M85プロジェクトは、多様性の推進、働き方の改善、スキルとキャリアの開発、中途入社者の受け入れ体制強化など多岐にわたる。その中で、安倍首相を議長とする有識者会議「働き方改革実現会議」のテーマでもある、「生産性の向上」、「人材育成」、「テレワーク」、「女性・若者が活躍しやすい職場環境」を中心に、日本オラクルの制度・取り組みについて、M85プロジェクトをリードする執行役員 オペレーションズ統括 社員エンゲージメント室長 赤津 恵美子に話を聞いた。

お役立ち

メンタルヘルス・EAP・産業医
容量:1.1MB

日本オラクル株式会社のその他のダウンロード資料